一般英語コース(上級コース)

レベル:

受講場所:

オフラインコースは教室でレッスンを行います。(新型コロナウイルス感染症拡大への当校の対応について詳しくはこちら

オンラインコースはZoomで行います。(オンラインコースについて詳しくはこちら

必須条件:

当コースが貴方に合っているか確認するため、申込書をご提出いただく前に面談と簡単なレベルチェックを行います。

また、当校の短期集中英語コースや英会話コースを受講している方は、どのレベルの一般英語コースを受講できるか講師またはスタッフにご確認ください。

オンラインコース受講者はレッスンを受講するのに十分なインターネット環境が必要です。(教室で受講していただくオフラインコース受講者はインターネット環境は必要ありません。)

年齢:

当コースは15歳以上から受講できます。

特例として、本人の英語の知識、精神的成熟度、学習に対する姿勢などにより、15歳以下の方の受講を許可することがあります。

クラス定員:

12名

受講期間:

当コースは通年開講しています。

毎月1週目から受講開始でき、修了日はありません。

最短受講期間は3ヶ月です。

受講時間:

1回2時間のレッスンが週1回(年間計36回)

また、他のクラスの受講生と一緒に受けられる、英会話レッスンや学習サポートレッスンにも任意で参加可能です。

開講可能な日時は、火曜日〜土曜日の午前・午後・夜。受講日時について詳しくはお問い合わせください。

自主学習に関する要件:

英語を習得するには、他のどのような技術を習得するのと同じで時間がかかります。
当コースの受講生には自主学習を強制することはありませんが、英語力を向上させたいのであれば、週に何時間か定期的に自主学習をしていただくことを推奨しています。

宿題を出すことがありますが、成績がつくことはありません。

ご希望があれば、学習目標に合わせた宿題を個別に出すことが可能です。

コース概要:

このコースは、英語を学ぶことが好きで、リラックスした環境の中で自分のペースで勉強したいという上級レベルの英語学習者のためにデザインされています。
このコースでは、これまでに培ったスピーキング・リスニング・リーディング・ライティングのスキルをさらに向上させることを目的としています。また、文法と語彙使用の流暢さと正確さを、ネイティブレベルに発展させることが重視されます。

当コースは、下記のような方にもおすすめです。

  • 英語を学ぶことが好きな上級レベルの英語学習者で、ネイティブレベルの英語力をつけるために継続して学習したい方
  • 上級レベルの英語学習者で、4つのスキル(スピーキング・リスニング・リーディング・ライティング)を継続して練習したい方
  • 最近まで海外で英語を使って働いていた、または英語圏に留学していて英語力をキープしたい方
  • 英会話スクールに通っている方で、スピーキングとリスニング以外のスキルも伸ばしたい方
  • 西洋式の教育方法を元にした英語学習プログラムを体験したい方
  • 奈良で英語学習仲間を見つけたい方
  • 明確な始まりや終わりがない、柔軟性のあるコースを探している方

学習成果:

当コースの受講生は、ご自身のペースで目標に向かって学習していただくため具体的な学習成果はありません。

しかし、当上級コースを通してコモンユーロピアンフレームワーク(CEFR)*のC1及びC2レベルの実力をつけ、最終的にはネイティブレベルの英語力をつけていただくことを理想としています。

*CEFRとは?(英語日本語

教授方法と学習方法:

英語4技能レッスンは週に一度、2時間です。

受講生の皆さまにできるだけたくさん英語に触れていただくため、アクティブ・ラーニング型の授業の中で、ペアワークやグループワークを多く行います。*

レッスンはテーマに沿って行われ、グループで一つの作品を作り上げるグループプロジェクトも行ってもらうことがあります。

また、クラス内では、リスニング教材のために作られた音源ではなく、自然な会話、または自然に近い音声が使用されます。

* アクティブ・ラーニングとは、座学のように講師から情報を受け取るだけの授業ではなく、参加者が自ら進んで学習に取り組み、「自ら学ぶ力」を養う授業スタイルです。
イギリスを含む欧米諸国の教育現場では広く用いられており、近年日本の学校現場でもこの学習法を取り入れる動きが出てきています。

試験:

当コースには試験はありません。

使用言語:

一般英語コースのレッスンは、主に英語で行います。

サポートとフィードバック:

受講期間中、レッスンや宿題に関して口頭や書面での簡単なフィードバックを頻繁に行います。

宿題に関する質問や学習方法の悩みなどがあれば、講師にメールで相談することができます。

教科書:

授業内で使用する教科書や教材を別途ご購入いただくことはありません。
しかし、文法の家庭学習用にGrammar in Useシリーズをご自身で購入していただくことを推奨しています。